[PR] FX アンチエイジ仕事:アンチエイジング日記

アンチエイジ仕事

船場吉兆の最期【アンチエイジング日記】

船場吉兆 最期の日 女将の涙

この日がやっぱり来たか

その思いです。

船場吉兆の女将、こうなってもまだ気づいていないでしょうね

涙の会見は無念の涙で、

要するに商売が出来なくなった無念の涙でした。

何も分かっていない

だから、一回目の会見で息子にシナリオどおりに話させようとした

そして、営業再開

人のうわさも75日と考えていたに違いない

それしかこの食の事件で結論できるものではありませんでした

先代が、すごい食材が手付かずのまま

要するに箸もつけられないものを

「もったいない」

と思ったのは高級料亭の対象としてに残念さと考えは私はいいと思うのですよ

でもそれ使い回ししたとたん、もったいないのは金儲けになってしまった

呼吸料亭のゴミ箱をを待つホームレスがいるのを聞きました

脚の残したビールや酒と高級料理を舞って宴会をするブルーテントの住民がいるのをわが事のように喜んだのです

江戸時代「お救い箱」のような残飯を箱に置く料亭があったことを

山本周五郎の小説で呼んだ記憶があります。

吉兆はもったいないをそんな風に使えばよかった。

今日の女将のインタビューは

無念さは商売を閉じざるを得ない、破産する

その無念さで、自分の夫がそうしてた、息子がそれをそのまま継いだ

暖簾に頼りすぎたとの会見の言葉

ちっともお分かりではない

出来れば晩年、高級料亭の残飯を待つそんなホームレスを自分で味わったら

きっと創始者の本当の気持ちが分かるのでy層。

吉兆も赤福も、まだ逃げ道を探している。

松下が最後まで10年以上前の温水器などに社運をかけて回収する

そんなことがあったのに

吉兆は学習できなかった

女将はそんなに上等で品があるように思えないのに

着物はすごいいい着物を着ていた。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。