[PR] FX 環境 地球温暖化防止参加:アンチエイジング日記

環境 地球温暖化防止参加

21世紀の革命

「3万人が職失う、今年度下半期の非正規労働者

 景気悪化の影響で、10月〜来年3月の半年間に、職を失ったか、
失うことが決まっている非正規労働者は3万人に上ることが28日、厚生労働省の調査で分かった。

自動車メーカーなどで生産縮小の動きが顕著になる中、派遣社員らが雇用調整の対象になっている。厚労省は「景気回復の兆しは見えず、職を失う非正規労働者は今後も増えると想定される」と指摘している。(中略) 来春までの半年間に契約期間満了による「雇い止め」や中途解除となるのは、派遣労働者が1万9775人、期間工などの契約社員5787人、請負労働者3191人で、パートなども含めると計3万67人。」(読売新聞十二月十三日)

昨年のアメリカ発経済破壊が世界中を揺るがし、一番被害の少ない日本ですら左の記事のように、トヨタを始め自動車産業、ソニーをはじめとする電気産業にものすごい勢いで労働者の首切りが広がっています。また、アメリカの自動車ビッグスリーメーカーも国からの支援法案が否決、倒産の事態も覚悟しなければならなくなっています。

自動車、電気産業は二十世紀の経済を牽引してきた中心の産業です。これら中心の産業が先導者としての役割を終えるのが二十一世紀の夜明けなのかもしれません。産業革命から封建社会は近代工業化時代を築きました。それが二十世紀でした。

そして約300年工業化社会が変わるのが今年から始まる世界経済の大変動かもしれません。

1929年10月24日から始まった世界恐慌と今日の経済状況をよく比較されます。アメリカはルーズベルト大統領による「ニューディール」政策で、あらゆる公共事業でアメリカの雇用を守りました。さて今回のオバマ大統領はどんな政策でアメリカを立て直すのでしょう。自由主義の先導者アメリカは、ルーズベルト大統領が取った社会民主主義的な、国が経済に介入する政策を採るのでしょうか、今月から始まるオバマ政策が注目されます。

「不都合な真実」でアル・ゴアが訴えたのは、地球環境の危機を温暖化による地球滅亡の危機と捕らえ、CO2削減を第一に上げ、「京都議定書締結」を迫りました。

もう一方でアル・ゴアは「環境事業はお金にもなる」と訴え、悲観論を退けています。


産業革命で繊維工業化と蒸気機関車と蒸気船などが世界を近づけ、近代工業化で自動車、電化製品、通信事業で世界を一つ(グローバル化)にするまでになりました。その二つの革命はすべての人のニーズに応えられる産業でした。それでは、21世紀の誰もが必要とする産業とは何か。21世紀を引っ張る産業とは何か。私は環境産業だと思います。

環境 地球温暖化防止参加

滋賀『しがぎん』エコビジネスマッチングフェア

滋賀エコビジネスフェアが琵琶湖ホテル大広間で行われました。

滋賀県のエコ事業者のブースが所狭しと並んでいました。

なんと1800名の来場者があったそうです。

主催の滋賀銀行の予測の2倍の来場者があったそうです。

エコ=環境事業は儲かる事業になるかもしれない

いやきっとなる

そんな息吹が感じられる来場者の熱気がありました。
722琵琶湖展示.jpg

722青山.jpg 722日本観光.jpg

滋賀は琵琶湖があって特に環境問題には敏感だからでしょうか

そして滋賀県嘉田知事が特に環境問題を滋賀のアイデンテティにしているからかもしれません

でもどんな理由にしろ、わが故郷滋賀がエコ=環境に積極的なことは嬉しいことです。

滋賀から世界に環境のテーマを洞爺湖サミットより実際的で有効で具体的なことを発信する

今日がその重大な足跡になることを・・・









環境 地球温暖化防止参加

CO2削減生ゴミ元で近畿大成功【アンチエイジング日記】

CO2削減生ゴミ元で近畿大が成功

「茶かすやジャガイモの皮でCO2削減−。近畿大(大阪府東大阪市)は16日、植物性廃棄物でできた固形燃料「バイオコークス」を石炭コークスの代わりに使い、約1割のCO2削減に成功したと発表した」(産経新聞)

正直どうして有機廃棄物の世界がエネルギーに傾くのか疑問です。

茶カスもジャガイモの皮も燃料になるでしょう、

バイオ燃料のために食糧危機が訪れている。

おかしな話が経済の世界では当たり前に行われるのです。

こんなとき、なんで有機廃棄物の燃料化を発表するのか

近畿大学の研究者には申し訳ないが、間違っていると思う。

有機廃棄物は基本的に循環するのが正しい

肥料や飼料になって農業循環するのが正しい。

研究者はたぶん石油燃料の枯渇と、未来のエネルギーは常に再生できる有機物から得るのが正しいと本気で思っているに違いない。

でも人間の世界はもう一方でお金儲け経済があって、食料までもエネルギーにしてしまう。

車を走らせるために、人類が飢える矛盾を起こすんですなー

エネルギーが投資対象になって異常な高騰で、

本来人間の生きる元、魚を取ることも出来ない

漁業がストライキ、市場がストライキ、スーパーの魚売り場に魚なく

の事態。

廃棄物をエネルギーにそれは結局お金儲けに利用されるだけ

そんなに言ったら近畿大学の研究に水を差しますね。

環境 地球温暖化防止参加

洞爺湖サミットのマスコミ反応【アンチエイジング日記】

洞爺湖サミット は何を決めたのか

あいも変わらずマスコミはくさしています。

サミットは環境問題に数値責任を表現できなかった。

要するに政治は環境に消極的であったと、サミットを評価した。

だからどうなんだ! 

だから何を言いたいんだ!

マスコミに言いたい。

サミットの共同宣言はほとんどはじめから知ったんではではないか

新聞がどれくらい売れるか、そのためにはサミットを批判しておけ””


ぶっちゃけた話、

むちゃくちゃ記者の態度に表れていると思う。

今回サミットの合意の「求める」の文言は何のことだか分からない

でも福田首相がかなりの前進だといっている。

乗ってみたほうがいいと思う。

批判するほど、「求める」がうそになっていく気がします。

「求める」が公式的言葉とすれば批判するより、本当に「求める」を本当にするように運動を起こしたほうが賢いと思います。

「求める」とは本当にどういうことか、福田首相に言葉の定義を迫りましょう。

CO2削減50%削減約束を「求める」

を現実にするにするのは、言葉通り受け取ることだと思いますよ。

そんなんうそでしょうといった瞬間、
「求める」っていったでしょうの言葉が返ります。

今回サミットの宣言そのものの言葉を批判しないでその通りの言葉で受け通ましょう。

それが素直で、嘘を許さないことになるんです。

CO2削減50%削減約束を「求める」と

言ったでしょう、だから約束を守ってください。

だから「求める」と言ったので、約束したのではありません。

世界のビッグがやっぱり、言葉でだます、マスコミははじめからうそを宣伝して、宣言そのものを参加しているブッシュ大統領やすべての首脳の言葉を免責しようとしての批判です。

あほで馬鹿な私たち大衆は、

CO2削減50%削減約束を「求める」言葉をそのまま信じましょう。

マスコミの皆さんのように深読みしないで、その言葉通り受け取り信じましょう。

マスコミ記者の賢い人が真実を伝えると言えません。





環境 地球温暖化防止参加

東京タワー・通天閣消灯温暖化対策【アンチエイジング日記】

東京タワー 通天閣一時消灯で地球温暖化防止へのアピール

環境省や非政府組織(NGO)の呼びかけで電灯を消して夜を過ごすことで、日ごろ照明をどれだけ多く使っているかを実感、知っててもらおうと夏至の21日、東京タワー通天閣など、日本中の名所や店舗6万箇所以上で消灯イベントが催された。

こんなイベントくらいで、地球温暖化がとまると思えないと、さめた目で見る人もいるでしょう。
また洞爺湖サミットのプロパガンダだと批評する人もいるでしょう、

その意見にはそれなりに同意できる部分もありますが、私はたとえ役人のパフォーマンスとしても人々にインパクトを与えるイベントだと評価します。

人は地球温暖化が環境を破壊していると知りながら、食べ物の25%を廃棄しています。39%しか自給していないのに25%を食べ残したり、賞味期限切れで廃棄しているのです。

食物が生産されるのにどれだけエネルギー消費が行われているか、ハウス栽培の温度管理、家畜飼育のエネルギー消費

膨大なエネルギーが使われています。

電力消費も、食料廃棄も地球温暖化の大きな引き金になっていることを理解したいと思います。

私が参加しているグループです、一度訪れてください

環境 地球温暖化防止参加

地球温暖化 食糧危機が現実になる日


 最近テレビニュースで見ました。
自治体が収集したペットボトルを中国が買いまくっている、だから日本のリサイクル業者に原料が無くなり事業すら出来なくなるという。

中国が高く買うからそちらに流れる。何故日本の買い取り価格が安くて中国のほうが高いのか、中国人バイヤーは「貴重な資源」だからと語る。きっと日本業者は資源だという思いが少し弱いのだろう。

 また、最近私が注目する有機農産物専業農家のグループで、中国からの肥料が輸入できなくなる危機感を持っていることを聞いた。

簡単に考えると、十二億の民が貧富の差はあれ、毎年2桁の成長を遂げる中国が生活水準を上げてきている、その結果が自国の食料不足を引き起こし、食糧生産を急ぐ事情。鉄、石油、化学製品なんでもどんどん買いまくっていく中国の胃袋に食料が必要になるのは当たり前のことでしょう。

 食料自給率が極端に少ない日本、そのくせ飽食の日本は根本的に食べ物のことを考える段階に来ています。

こんなニュースから、少し実態を調べてみました。
面白いですね、むしろ当たり前かもしれませんが、税関のページにデーターがありました。

220〜240万トン(1996年〜2005年)の輸入が2006年以降2000万トンを切っています。それにもかかわらず、輸入金額は2005年に比べて2006年は90億円も増えたそうです。

肥料輸出国はアメリカと中国がほとんどで、とうもろこしなどがばバイオ燃料に流れたこともあるでしょうが、冒頭の農家グループに突然危機が訪れたのは、それだけではないような気がします。

つまり中国の国内需要の高まりが、他国の食糧事情まで考えられないというのが事実ではないでしょうか。

氷の上にいる人はその氷が薄くなることに結構無神経で、その警告を本気で聞こうとしません、そして突然氷が割れて一瞬にして多くの人が投げ出されるそんな今に私たちは生きています。ミヤンマーのサイクロンも四川の地震もまざまざとそれを見せ付けています。

アジアを中心に食料輸入の多い日本は、その国々の経済発展とともに食べ物をいただけなくなる日が近づいている、そう思います。

本当に食べられなく日の来る予感があります。

輸入肥料が高くなり、食糧輸入がままならなくなるとき、

必然的に自給しなければならなくなります。

そこで、食べ物をどんどん捨てる今の日本人の生活システムは変わらざるを得ません。

このマガジンですでに触れている有機廃棄物が宝の山になる日はもうそこまで来ています。

環境問題や環境浄化を美的な感覚だけでとらえるのでなく、
現実的な経済の問題として捕らえなければならない日が迫っているのです。

環境問題を美学的にとらえるのでなく、実際的に具体的解決を模索する私たちのページをぜひご覧ください。

http://www.eonet.ne.jp/~earthhelp/index.htm

環境 地球温暖化防止参加

ガソリン代下がったらドライブ?【アンチエイジング日記】

ガソリンが安くなったらドライブする?

暫定道路税金、4月からなくなって25円ガソリン安くなった。

もう一度暫定税率復活しよう

自民党政府はどうしてもやらざるを得ないのは、

はっきり言って政府が動けるのは、官僚がいるからだと見えてきました。

厚労省の枡添大臣も後期高齢者保険などと言うわけのわからないシステムを受け入れざるを得ないのは、

そうしなければ仕事しないという官僚の圧力に取引したとしか思えない。

いよいよ日本政治が本当の改革を迎えている。

分かりやすい

福田内閣は官僚に脅されている。

2兆円の道路暫定税金が東国原知事が言うように、地方の財政がどうにもならないのか

どうやら何とかなるみたいに、混乱は起こっていない

そしてガソリンが安くなったから急に渋滞が激しくなったと言うニュースも聞かない

何だ、やってみればなんともないのだ

官僚はいつもそのときの混乱を脅しに使って無駄使いを正当化する人種

特別えらい存在で、自分たちがいなければ一日も国民は生きていけないのだと脅す

福田総理は案外その辺をほくそ笑んでいるのかも知れない

小沢民主党主との党首討論で愚痴って見せたのも、

ひょっとして大連立を二人で話したときのシナリオに入っていたんではないかと思える。

前原さんや仙石さんなどの反小沢勢力、谷垣などの反福田勢力、

どちらも内部に抑えなければならない清涼を持っている。

その勢力は、前原党首のときの幼さ、到底政権を持つことなど出来ない腹の座らない人物、加藤の乱での自民党改革を土壇場でひっくり返した谷垣の裏切り

両方ともそのことを正義だと信じる幼さ

小沢が福田と政策をともにしようとした意図は

はっきり官僚政治に終止符を打つことだったとおもう。

小沢のその主張を福田が知らないわけがない、本意も書いているくらいだから

その考えの原点をお互い一致したと思える

それを、おそば衆が理解できていない

おそば衆の成長を待つ

このところの朝令暮改、毀誉褒貶は不思議に両者に共通する

そう見てみると、二人が共通の日本を描いているように私には思えるのです。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。