[PR] FX アンチエイジ スポーツ欄:アンチエイジング日記

アンチエイジ スポーツ欄

阪神タイガース優勝への道は?

阪神タイガース 3連敗の後

阪神タイガースの巨人との3連戦3連敗

このことに意味するものは何か

顔色の変わった金本の2ホームラン

こんな状況の4番ははっきり言って遅すぎています。

むしろ1戦2戦の重要な場面に凡退しているほうが問題

今日の試合は、いや昨日の試合での4番の役目のほうが大事な場面

金本はプロのその上の存在であることは事実です

技術とパッション、野球哲学

いろいろあるでしょうが、それをするのは4番の役目です。

3戦目の今日でははっきり言って遅すぎました。

1戦目負けたとき、正確ではありませんが

マスコミ(スポーツ紙)が報じた記事に

「このチームはこのくらいの力」というような自嘲の発言があったようです。

これは4番がいうべき言葉ではありませんでした。

金本はやはり阪神じゃない、よそ者とのイメージ

以前にも同じ印象を書きました

阪神が今年優勝するもしないも金本次第です

巨人の勢いは攻撃力、それを止められない

でも不思議なことにバッテングは当てにならない

そんなことはともかく、4番の役目

チームリーダーの役目はチームと遊離してはいけない

「このチームはこのくらいの力」というような自嘲の発言

それはとんでもない弱気を引き込んだのです。

多分彼は今日それを自覚したのでしょう。

2ホーマーはそんな感じで飛び出しました、

でも皮肉なことにソロホームランになった

前にランナーがなくて1点にしかならない、

なんとなく勢いでやってる巨人には3ラン

これは偶然ではありません

「このチームはこのくらいの力」といった金本の言葉の真意が物語りました。

新井が戦線離脱してがたがたになったチームの弱さがこの状況なのでしょう

そんなのはどうでもいいのです

優勝するためには、4番が全ての打者、打線にいい影響を与える必要があるのです。

金本にとって今年でほとんど終わりになるシーズンだと思います。

厳しいですが、今年優勝できなければその原因と責任は

4番金本にあります

新井のけがにも気づかないのも弟子を知っていないし

新井の3番なしで、阪神はもろいことも知っているに違いなかったのに

4番とはそこまでチームを引っ張るための役目があるのです

長島も王もその役目を果たしました。

超一流とはそういうものなのです、

連続出場は個人の勲章です、それはすばらしい

イチロウのすばらしさです

4番はチームに次の4番の思想哲学を残す

それが本当のプロの仕事なんです







アンチエイジ スポーツ欄

阪神タイガースは優勝できるか?

阪神タイガースは優勝できるか

今日の試合展開は、一番心配していた通りになりました。

実は、下柳が早い回で大量点を取られることを予感していました。

こんな緊迫した試合は下柳には苦手の試合なのですね。

その上、今の阪神に普通に起こる現象が満塁にしても点が入らない現象です。

これはずーと続いてきた好調、それの反作用といえるでしょう。

今8回鳥谷ノーアウト一塁から関本がダブルプレーです。

これは勝負の女神が与えている試練ですね。

阪神は優勝できるか、

阪神は優勝できます。

巨人は今出来すぎています、

勿論、ヤクルトからエースと4番バッターを取り上げ

その前に日本ハムから4番を取り上げたチームです

もともとぶっちぎりで優勝できる戦力がありました。

でも勝負の神さんはそんなことを許しはしないために試練を与えています。

だから、明日も勝って10連勝の可能性はあり、首位になるでしょう。

さて、女神はどうするのでしょう。

その後、この勝利を続けるなら大変な地獄があると思えます。

阪神のすごい勢いは、新井選手の加入により屋台骨ができたからでした。

新井、金本という広島カープから奪い取った材で

大黒柱を作ったから、最後になって広島にいじめられたのです。

広島の反撃がどんな風に出るのか興味があります。

広島は巨人にも強くなるのか、それがペナントを決めますね。

どちらにしても阪神のこの連敗は広島怨念です、

金本がこの状況を打破するしかありません。

ナインのふがいないことを非難しても仕方ない

かつてのONはこの状況を自分の力で勝利することで示しました。

金本がその領域になれるかどうかで本当のヒーローといえるのでしょう。

まだ金本に不満です。

ここでこそ真価が示さなければ値打ちがありません、新井がもっと申し訳なくなく思っているでしょう。

アンチエイジ スポーツ欄

大相撲大麻事件

大相撲 大麻事件 

このところ相撲界は受難です。

横綱がモンゴル力士で独占され、番組の上位が外国人力士で、日本人力士が出る幕のない事情ではいろんなことが起こります。

でも、若ノ鵬の大麻所持事件から始まった、ドーピングが相撲界を揺るがしています。

マスコミは徹底的に相撲界をたたいていますが、

幕内露鵬と十両白露山のロシア人兄弟が完全否定しているとき

親方が彼らを信じるのは当たり前だと思います。

もし、彼らがうそをついていたとしても

親方は彼らを信じるべきだと思います。

もちろん、部屋の弟子管理の問題はあるでしょう、

でも相撲はいきなり国際的に開かれたスポーツ(???)になってしまった

してしまったのですから(柔道に続いて)

親方がマスコミのいじめに似た追跡にもかかわらず、弟子を信じる姿勢をくづさないことに相撲に希望を感じます。

弟子に裏切られて、責任を問われて辞任することになっても

親方と弟子との信頼を取ることのほうが日本相撲を守れるでしょう。

一方で新弟子をいじめ殺す親方もいます、

その違いが何かを証明してもらいたいものです。



アンチエイジ スポーツ欄

星野ジャパン批判【アンチエイジング日記】

星野ジャパン批判

やっぱりこんな批判が始まった

開き直った星野ということ

これまでの星野の姿勢を見ればそんな卑怯な人間でないことは分かるはずなのに

ジャーナリストは小さく姑息なことをそれなりのデーターで証明しようとする

私は星野さんがどうするか注目していた

星野、田淵、山本、大野

全部が丸坊主になって帰国なんてシャレでいいなと思っていた
でももっと大変な道を星野さんは選んでしまった

負けた理由をこれからも話さなければならなくなった。

そして、つまらないジャーナリストの重箱の隅をほじくる論理にも答えなければならない

そんな余地を残してしまった

当事者でなければ、後でどうでも言える奴

その代表がジャーナリスト

星野さんの覚悟が悲劇的なかたちで出ないことを祈ります。

今回の北京オリンピックでの日本惨敗は

もちろん星野さん自身の責任です。

ジャーナリストの言ういろいろの分析と意見は一部を必ず真実にするでしょう

全部その通りだと思えます。

今後の記事を見なくても分かります。

当事者でない意見はいつも事実から一部の真実を浮かび上がらせることが出来るものです。

星野ジャパンは失敗を全て知っています。

そして4番新井が腰痛疲労骨折だったことも

すごい間違いだったことも知っています。

オリンピックで金メダルを取れなかったこと

中国の1100メートルハードルの劉翔が棄権したことと同じように取り返しのつかない失敗だと・・・

星野さんの覚悟がこれからどういうふうに出てくるのか

その方が心配です。

いさぎよい人は潔い結論を出しやすい

そのことの方がいやですね。

星野さんははっきり言って取り返しの出来ない失敗をした

それは今回のオリンピックでの失敗です。

それだけで、それ以上でもそれ以下でもない

それは無茶苦茶重い

家康ではないけれど

「人生は重い荷物を背負って歩むこと」

その荷物の重さに相当するだけ栄光もあったのですから・・・

薄っぺらいジャーナリストなんかどうでもいい
でも無視できない

星野さんのこれからのコメントを注目します。



アンチエイジ スポーツ欄

星野ジャパンパッシング【アンチエイジング日記】

星野ジャパン 日本野球の実力はこんなものか

星野監督は日本野球の実力はこんなものではないと、敗戦の後インタビューに答えました。

はっきりいって、オリンピックでの日本の実力をこの場合問題にしているのですから

「日本の実力はこんなもんだった」

の答えが本当でしょう。

ペナントレースやメジャーリーグとの比較ではないのです

オリンピック野球の実力の話ですから

やはり「言い訳」に聞こえてしまいますね

あの星野さんでも、こんなときテーマをそらせるのかと失望しました

「先週はよくやった、監督の私の責任です」

もなんとなく高校野球の監督、

アマチュア監督の幹事であまりいい印象ではないですね。

星野さんも田淵さんも山本さんも大野さんも

こんな場合

丸坊主になって「シャレと本気で」責任を表現したら

日本人は納得したんではないでしょうか

オリンピックはオリンピックのメダルか負けかがあるのですから

この北京で、これほどないふがいない成績だった

まぁ最下位に匹敵するほどのひどさだったのですから

オリンピックはある種国威を示すことです

これは今回の中国の立場も、ヒトラーのベルリンオリンピックも東京オリンピックも同じです



「民族の祭典」ヒトラーのベルリンオリンピック
今回の中国の「北京オリンピック」

も同じ空気がありますね。

だから、星野ジャパンは国威を背負っていたのです、つまり民族を背負っていたのです

それが選手に伝わっていなかった、中途半端だった

敗因はそれだけです

上原が今後日本代表にはでないとの談話がそれを象徴しています。
【送料無料選択可!】民族の祭典 / 洋画

アンチエイジ スポーツ欄

五輪野球星野ジャパン敗北の理由

五輪野球星野ジャパン敗北は何故


金以外のメダルはいらない

星野ジャパンの目的は達しされました。

ということは皮肉ですが、真実でもありますね

岡目八目

今度の敗因は ひょっとして初めから決まっていたのではないか

な〜んて オリンピック前から思っていたこと書きますね

このブログでも少し書いたんですが、

上原などのオリンピックと世界対戦とを混同しないでそのままプレーできる選手が少なく

優等生選手がほとんどだったことに敗因があったのではないか

GG左藤などは舞い上がっていたと思います、高校生が初出場した甲子園のように

松坂、イチロウなどを望むことが出来なくても

必要な選手は

小笠原、ダルビッシュ(もっと使えた)などみんな一緒でない選手がいたと思います。

今回の結果は、実力がまったく出せないまま終わった

ほとんどの日本人がそのことに不満を持っています

星野監督自身がそう思っていますね

それは優等生ばかりが前に出てきてしまったと思いますよ

特に小笠原は入ってほしかった

巨人は阪神ファンの私にとって宿敵だけど

上原と小笠原は別格と思っています

打線に小笠原が一人いたら、日本チーム打線は変わっていた

素人ですが、チームつくりのポイントだと思っていたのです。

新井が4番は嬉しいことでしたが、小笠原の3番の後ろ化前の打席を実はイメージしていたんです

素人の岡目八目ですが、

ストライクゾーン問題、タイブレーク問題etc

そんなことはお互い様

韓国はそれで優勝したんですから

選手選考に優等生志向がありすぎた

それが今回のふがいない敗戦になったと結論付けました

それでいいですか?
私のいちゃもんです、あなたのいちゃもんも聞きたいものです

アンチエイジ スポーツ欄

星野ジャパンの謀略【アンチエイジング日記】

北京五輪 星野の謀略

今日の五輪野球アメリカ戦  

延長タイブレークでアメリカに敗れました。

これは星野監督の謀略

準決勝からのトーナメントで最初の戦いたい相手は首位の韓国だった。

ダルビッシュを2回しか使わなかったし、田中マー君を試したし、川上に気合を入れさせたし

間によりタイブレークで点を取られる岩瀬を4点取られるまで投げさせた。

岩瀬も分かっていたように次々点を相手に与えた。

そして何より

試合後の星野監督のインタビュー

いつものよな本気の悔しさがなかった

むしろ、この結果が当然との言葉でした。

星野の謀略

韓国のほうがリベンジしやすい

韓国には2回負けない

野球の質が同じで分かりやすいからだと思える

今日の負けは納得できる負けでした。

アンチエイジ スポーツ欄

北京オリンピック野球の衝撃その2

北京五輪 野球 カナダに何故勝てたか?

星野日本監督
「俺を殺す気か!」

薄氷を踏む思いの1対ゼロ

確かにまだはつらつとした日本野球が出来ていません。

でもオリンピック野球は守り抜く野球と【テーマ】を決めて望んだのですから、今日のような勝利はテーマどおりの野球だったと思います。

1アウトからバントでセカンドに送る、
アマチュア報型野球を導入したのですから仕方ないのですね。

ただ選手がその型をまだ習得出来ていない、
どうしても消極的な攻撃になる

でも韓国戦に比べ、プロの本分をこの試合では垣間見せたと思います。

何とか決勝トーナメントには行くでしょう

がんばれ日本! 

プロになれ日本!!!

とエールを送ります。

 

日本の守護神になれ 上原 藤川

アンチエイジ スポーツ欄

北京オリンピック野球の衝撃

北京五輪 野球 日本韓国に敗れる

野球1次リーグ日本は3−5で韓国に競り負け、2勝2敗となりました。

テレビ観戦していましたが、
プロ野球というよりアマチュア野球という雰囲気でした。

両チームのピッチャーがやいのは当たり前でしたが

6回新井(阪神)の2ランホームランからが不思議なくらい日本チームはアマチュアになってしまった。

7回に和田投手が魅入られるように2ランを打たれ同点
そのときの和田投手の顔は高校野球のピッチャーの顔でした


9回の韓国攻撃の日本チームのどたばたはプロのチームとアマチュアのチームの戦いそのものでしたね。

純真な高校生が懸命にプレーをしたがエラー続き
そんなアマチュアの甘さがのぞいていた

そして最終回裏、1点はいってノーアウト2・3塁
またアマチュアのどたばたが始まる

阿部の犠牲打にもならない外野フライ(どうしたらこんな浅いフライを打てるのか=アマチュア)

続くGG佐藤も(砂糖のように甘い)森野
とにかく打ちたい一心でつまらない球に手を出した。

どう見てもおかしいアマチュアちーに見えた悪夢の一戦だった。

どうしてもふてぶてしいプロの顔を思い出してほしい。
ただ一人上原だけがそれが出来る純真でないやんちゃ



松坂 イチロウのいない日本は
上原の厚顔を学ぶことしかメダルの可能性はない。

アンチエイジ スポーツ欄

北島の涙 オリンピック金メダル

北島の涙 オリンピック金メダル

北島の平泳ぎから何を学べるのか

彼の涙のインタビューは自分の力が勝ったと思えなかった

自身はライバルのハンセンの衰えを感じていたに違いない

予選1位通過のダーレオーエンの若き力に自分を重ねていたと思える

自身の年齢と自分がデビューしたときの爆発力をダーレオーエンが持っていたということを身体で間いていたに違いない

だから自身は勝てるとは思っていなかった

むしろ負けると確信に近い感じがあった

金メダルの後のインタビューが

あの男が流すはずがない涙のインタビューが語っていたと思えました。

「うまい! 上手いレース」

そうコーチが叫んだ

自身も何故世界新記録で勝てたのか

それは自分の力でない、何か

神がかりの力が働いた、

皆さんが勝たせてくれた

そう超一流選手は決まって言います。

感謝のすごい力を数少ないアスリートが実感するのですねー

うらやましいインタビューシーンでした。

感動を共有したい、本当に同じ涙を共有したい

まだまだ とても無理だと思う、

でも・ちょっと位いいじゃない

北島君の涙の力を共有出来たとの錯覚くらい

アンチエイジ スポーツ欄

谷選手 銅メダルの北京【アンチエイジング日記】

谷選手 柔道銅メダルのあとに

谷亮子柔道3連覇を華やかに報道のうしろに子育てがあった

長男、佳亮ちゃん(2)がウイルス感染による発熱で体調を崩し、一時入院している。

40度近い高熱が続き、夜になって北京市内の病院に搬送されたという。

谷選手にも当たり前の日常があることが分かる

いや、当たり前でない日常が重いということかもしれない。

日本の代表で金メダル世界のトップを当たり前のように期待され

オリンピックの場所までわが子を連れてくる

それは当たり前なんてことではないですね。

メダルよりわが子の心配で「15分間の会見でほとんど笑顔はみられなかった」

は当たり前の母親の姿。

この家族はきっと当たり前の家族でない、

でもきっと当たり前の家族として生きているのだと思う。

オリンピックの喧騒の中に家族の当たり目の姿が垣間見えるのは

今日の柔道初金メダルの内柴選手と家族の姿

ヤワラちゃんこと谷亮子選手が息子の病気を心配する姿

当たり前でない人の当たり前の姿を見る

これもオリンピックの見方かもしれません。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。