[PR] FX 中央競馬メインレース配当:アンチエイジング日記

競馬趣味

中央競馬メインレース配当

中央競馬メインレースのリターン(配当)は全レースの配当平均を上回る

ここに1999年から2003年までの5年間のデーターがあります

5年間の全レース平均配当
馬連 5,562円   馬単 11,710円 3連複 23,356円に対して

東京競馬メインレース平均配当
馬連 9,632円   馬単 11,857円 3連複 54,833円 3連単 390,869円
中山競馬メインレース平均配当
馬連 11,248円   馬単 25,022円 3連複 39,084円 3連単 312,609円
京都競馬メインレース平均配当
馬連 9,546円   馬単 18,610円 3連複 26,415円 3連単 187,306円
阪神競馬メインレース平均配当
馬連 4,775円   馬単 9,765円 3連複 26,101円 3連単 160,745円

約2年間のデーターからの集計ですが、東西で対照的な結果がでています。

5年間各種別の配当平均です。
そして2007年からの2年間のメインレースのデーターがあります。

見比べてください、
馬連・馬単・3連複で阪神を除いて全て5年間平均配当データーを上まわっています。
3連単は2003年には無かったため、データーがありませんが、3連複から推測してメインレースが大きく高配当になっていると考えられます。

東京・中山は平均配当が高く、京都・阪神の配当が低い。
東高西低、なんか天気図みたいですが東京中山は結構メインレースが荒れる傾向があり、京都阪神は平穏なメインレースになりやすい。

データー数が少ないのですが、3連単はまだ2年を超えていないためにこのデーターでも信じて行きたいと思っています。
特に3連単、東京中山は30万円台であるのに対して、京都阪神は10万円台です。

これだけでもどこを攻めるかが決められますね。
本命馬券を中心に攻略を考える人は西軍の味方、乱馬券を中心に攻略を考える人は東軍の味方になるべきでしょう。

そこで関が原の合戦ということになります。
この概略をちゃんと理解しておくことは大変重要です。
先ず大きな地図の攻略目標が決められるだけで、戦略的にはずいぶん有利になりますね。

今日の予想は3時前くらいにお届けいたします。

堅実な競馬投資法がありました。
資金管理する投資法で私は併用しています。
興味があればこちらから

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110852059
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。