[PR] FX 家庭菜園で生ゴミ肥料を実験:アンチエイジング日記

アンチエイジ 日記ニュース

家庭菜園で生ゴミ肥料を実験


生ゴミ肥料堆肥の比較栽培をしています。

蒲生の師匠の手作り肥料(魚のあらをモミと腐葉土での発酵肥料)と、生ゴミ処理機残渣を炭と混ぜたペレット肥料比較です。

白菜1018
















A師匠の手作り肥料 Bペレット肥料1 Cペレット肥料2です。

まずAが断然成育がよい、そしてC・Bの順ですが、

Bはほとんど虫にやられています。同じペレット肥料もCはそんなにひどく虫の被害はなく、Aは虫に襲われてもどんどん成育しています。

炭ペレット肥料は水などに溶ける時間がかかり、効くのが遅いようです。

それにしてもBの肥料は何か問題があるのか育ちが悪いだけでなく、虫にも弱い。
とにかく元気でない野菜は虫や病気に弱いことがよく分かりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110850267
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。