[PR] FX 阪神タイガース優勝への道は?:アンチエイジング日記

アンチエイジ スポーツ欄

阪神タイガース優勝への道は?

阪神タイガース 3連敗の後

阪神タイガースの巨人との3連戦3連敗

このことに意味するものは何か

顔色の変わった金本の2ホームラン

こんな状況の4番ははっきり言って遅すぎています。

むしろ1戦2戦の重要な場面に凡退しているほうが問題

今日の試合は、いや昨日の試合での4番の役目のほうが大事な場面

金本はプロのその上の存在であることは事実です

技術とパッション、野球哲学

いろいろあるでしょうが、それをするのは4番の役目です。

3戦目の今日でははっきり言って遅すぎました。

1戦目負けたとき、正確ではありませんが

マスコミ(スポーツ紙)が報じた記事に

「このチームはこのくらいの力」というような自嘲の発言があったようです。

これは4番がいうべき言葉ではありませんでした。

金本はやはり阪神じゃない、よそ者とのイメージ

以前にも同じ印象を書きました

阪神が今年優勝するもしないも金本次第です

巨人の勢いは攻撃力、それを止められない

でも不思議なことにバッテングは当てにならない

そんなことはともかく、4番の役目

チームリーダーの役目はチームと遊離してはいけない

「このチームはこのくらいの力」というような自嘲の発言

それはとんでもない弱気を引き込んだのです。

多分彼は今日それを自覚したのでしょう。

2ホーマーはそんな感じで飛び出しました、

でも皮肉なことにソロホームランになった

前にランナーがなくて1点にしかならない、

なんとなく勢いでやってる巨人には3ラン

これは偶然ではありません

「このチームはこのくらいの力」といった金本の言葉の真意が物語りました。

新井が戦線離脱してがたがたになったチームの弱さがこの状況なのでしょう

そんなのはどうでもいいのです

優勝するためには、4番が全ての打者、打線にいい影響を与える必要があるのです。

金本にとって今年でほとんど終わりになるシーズンだと思います。

厳しいですが、今年優勝できなければその原因と責任は

4番金本にあります

新井のけがにも気づかないのも弟子を知っていないし

新井の3番なしで、阪神はもろいことも知っているに違いなかったのに

4番とはそこまでチームを引っ張るための役目があるのです

長島も王もその役目を果たしました。

超一流とはそういうものなのです、

連続出場は個人の勲章です、それはすばらしい

イチロウのすばらしさです

4番はチームに次の4番の思想哲学を残す

それが本当のプロの仕事なんです







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。