[PR] FX 星野ジャパン批判【アンチエイジング日記】:アンチエイジング日記

アンチエイジ スポーツ欄

星野ジャパン批判【アンチエイジング日記】

星野ジャパン批判

やっぱりこんな批判が始まった

開き直った星野ということ

これまでの星野の姿勢を見ればそんな卑怯な人間でないことは分かるはずなのに

ジャーナリストは小さく姑息なことをそれなりのデーターで証明しようとする

私は星野さんがどうするか注目していた

星野、田淵、山本、大野

全部が丸坊主になって帰国なんてシャレでいいなと思っていた
でももっと大変な道を星野さんは選んでしまった

負けた理由をこれからも話さなければならなくなった。

そして、つまらないジャーナリストの重箱の隅をほじくる論理にも答えなければならない

そんな余地を残してしまった

当事者でなければ、後でどうでも言える奴

その代表がジャーナリスト

星野さんの覚悟が悲劇的なかたちで出ないことを祈ります。

今回の北京オリンピックでの日本惨敗は

もちろん星野さん自身の責任です。

ジャーナリストの言ういろいろの分析と意見は一部を必ず真実にするでしょう

全部その通りだと思えます。

今後の記事を見なくても分かります。

当事者でない意見はいつも事実から一部の真実を浮かび上がらせることが出来るものです。

星野ジャパンは失敗を全て知っています。

そして4番新井が腰痛疲労骨折だったことも

すごい間違いだったことも知っています。

オリンピックで金メダルを取れなかったこと

中国の1100メートルハードルの劉翔が棄権したことと同じように取り返しのつかない失敗だと・・・

星野さんの覚悟がこれからどういうふうに出てくるのか

その方が心配です。

いさぎよい人は潔い結論を出しやすい

そのことの方がいやですね。

星野さんははっきり言って取り返しの出来ない失敗をした

それは今回のオリンピックでの失敗です。

それだけで、それ以上でもそれ以下でもない

それは無茶苦茶重い

家康ではないけれど

「人生は重い荷物を背負って歩むこと」

その荷物の重さに相当するだけ栄光もあったのですから・・・

薄っぺらいジャーナリストなんかどうでもいい
でも無視できない

星野さんのこれからのコメントを注目します。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。