[PR] FX 星野ジャパンパッシング【アンチエイジング日記】:アンチエイジング日記

アンチエイジ スポーツ欄

星野ジャパンパッシング【アンチエイジング日記】

星野ジャパン 日本野球の実力はこんなものか

星野監督は日本野球の実力はこんなものではないと、敗戦の後インタビューに答えました。

はっきりいって、オリンピックでの日本の実力をこの場合問題にしているのですから

「日本の実力はこんなもんだった」

の答えが本当でしょう。

ペナントレースやメジャーリーグとの比較ではないのです

オリンピック野球の実力の話ですから

やはり「言い訳」に聞こえてしまいますね

あの星野さんでも、こんなときテーマをそらせるのかと失望しました

「先週はよくやった、監督の私の責任です」

もなんとなく高校野球の監督、

アマチュア監督の幹事であまりいい印象ではないですね。

星野さんも田淵さんも山本さんも大野さんも

こんな場合

丸坊主になって「シャレと本気で」責任を表現したら

日本人は納得したんではないでしょうか

オリンピックはオリンピックのメダルか負けかがあるのですから

この北京で、これほどないふがいない成績だった

まぁ最下位に匹敵するほどのひどさだったのですから

オリンピックはある種国威を示すことです

これは今回の中国の立場も、ヒトラーのベルリンオリンピックも東京オリンピックも同じです



「民族の祭典」ヒトラーのベルリンオリンピック
今回の中国の「北京オリンピック」

も同じ空気がありますね。

だから、星野ジャパンは国威を背負っていたのです、つまり民族を背負っていたのです

それが選手に伝わっていなかった、中途半端だった

敗因はそれだけです

上原が今後日本代表にはでないとの談話がそれを象徴しています。
【送料無料選択可!】民族の祭典 / 洋画

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。