[PR] FX 八王子通り魔殺人【アンチエイジング日記】:アンチエイジング日記

アンチエイジ 日記ニュース

八王子通り魔殺人【アンチエイジング日記】

孤独な殺人者 人恋しい殺人者 母性愛不足殺人

今回もまた意味不明の殺人がありました。
朝ズバ ミノモンタ番組で

「強いもの、権力者に反抗して殺人するのでなく、弱いものを刺す卑劣卑怯な反抗」

ミノモンタは憤っていた。

いわゆるコメンテーター諸氏はその下人は社会的風潮をそれらしく解説していた。

滋賀の田舎で温水プールと、乗馬クラブを経営する弟

プール経営に、子育てを持ち込んでこの業界で成功した彼(弟)が今回の事件に語りました。

あの「酒鬼薔薇聖斗」少年の猟奇事件が始まりだと

その後、「酒鬼薔薇聖斗」少年の母親は社会に対してわび続け、わが子には一言もわびていない、

そこにこの事件の真相があると(弟の考え)

「酒鬼薔薇聖斗」少年の母親は「どうしてこんな悪魔を産み育てたのか」

とさえ手記で言っていたと・・・

また今回の秋葉原事件に対して
加藤智大容疑者(25)の弟の手記が週刊誌に掲載され、それを読んだ母親がショックで大変だったと

弟が母親を批判していた、つまり弟も母親の愛情を受けていなかったと発言したことにショックを受けたのでした。

「酒鬼薔薇聖斗」少年の母親も加藤智大の母親も、社会に謝罪してもわが子には謝罪していない。

この事件の真相は、本当は単純な所にある、母親の愛情不足、子供を守るより自分を守る生き方にすべての原因があると、私の弟は結論しました。

ミノモンタが弱いものを殺す卑劣さを憤るなんて馬鹿見たい、
コメンテーターが朝早い番組でそれらしことをいって「金儲け」していることがありありの番組で真実があるわけがない

ミノモンタはつまり殺すなら社会的に認められる殺人をしろ

そういっているに等しいことを、たぶん彼自身分かっていないんでしょう。

かつての右翼が「一人一殺」

政府要人や財界人を狙った、社会的殺人をミノモンタは擁護することになるのを、馬鹿だから分からないんです。

強気のも、社会的権力者の殺人も、その後の歴史は日本の暗黒時代を作りました。


そんなことを言うより、今の病理の原因は何か

ミノモンタより、身内ですが弟の母親の病理論下人説のほうが説得力があると思います。


出来れば身内日池ですが読んでみてください。




[PR]やさしいお母さんになれる子育てヒント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103528873
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。