[PR] FX カエルの鳴かない国になった日本:アンチエイジング日記

アンチエイジング 家庭菜園

カエルの鳴かない国になった日本

 カエルが鳴かない田

いつものように夕暮れの散歩に出た。

何故こんなことに気づかなかったのか。

農業の危機

夕闇迫る農道を歩きながらそのあまりの静けさに初めて気がつきました。

毎日のことなのに・・・

私自身が自然とそれほど遠くなっていたのです

愕然としました、そんな風景と環境が当たり前になっていたこと、

そしてそのことにまったく違和感を覚えなかった自分に

カエルの声がしないのです。
704田んぼ










ある意味無気味です。

私の原風景(子供時代)ではうるさいほどのカエルさんの声がこだましている田んぼでした。

それがまったくシーンとしているのです。

今年は妙に稲のことが気になって田植えから近所の田んぼを注意深く見ていました。

一つだけ散歩中の田んぼでおたまじゃくしが多く泳いでいる田んぼがありました。

師匠の若き農家に聞きました。

「水生生物が多くいるのはそれだけでいい田んぼ」

その田んぼですらカエルはまったく1ッ匹も見ることが出来ませんでした。

とたんにこの異常に身震いしたのです。

たぶんこの地域の田んぼではカエルの声がしなくなって10年以上たっていたのでしょう。

そのことに今日気がついた自分に身震いしたのです。

自分のほうが異常なのではないか?

お米を毎日食べながら、カエルの住まない田んぼのお米を食べている自分って何なのだろう。

日常のこの変化に気がつかない自分って何なのだろうか???

環境を語る自分って身近に起こっていることにどんなに無神経なのか???

もうまったく散歩どころではありませんでした。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。