[PR] FX 井川3A降格と阪神ダントツの関係:アンチエイジング日記

阪神タイガース

井川3A降格と阪神ダントツの関係

井川3A降格と阪神ダントツの関係

井川が抜けた阪神の投手陣は、見事にシステム化された。

1軍2軍の差がなくなり、誰にもチャンスがあるとベテランも若手も力をつけ、技術が高くなったようである。

ダントツのエースはいないが総合力の投手陣では12球団1と言える。


井川がいたときは、彼が勝ち負け数が同じかともすれば負け数のほうが多くなっても中心エースとしての扱いを受けた。

いまや、阪神投手陣はどんどん入れ替えが行われ、中継ぎ投手でさえいい加減なピッチングが出来ない環境にある。

中継ぎ投手もゲームを決して壊さない、本当に強いチーム、隙のないチームになった。

「シェイ・スタジアムでのメッツ戦の試合前練習終了後に降格を通告されたが、井川はさばさばした表情。試合の始まる前に荷物をまとめて球場を出た。」

井川はある意味クールでさばさばしているのを評価された時期があったが、上記のように淡白で執着しない性格ではメジャーで成功はしない。

ヤンキースは高い買い物をして、阪神は大もうけをした。
それが井川の本当の役割だったかもしれない。
井川慶 2007 Topps Rookie Card Kei Igawa 

 
阪神タイガース公認キッズタイガースワンピース チアガール(背番号・名前無し)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101785462
この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。