[PR] FX 死刑執行とアキバ事件【アンチエイジング日記】:アンチエイジング日記

アンチエイジ 日記ニュース

死刑執行とアキバ事件【アンチエイジング日記】

宮崎勤死刑囚の死刑執行 アキバ事件と関係はあるか

死刑執行を法務大臣が記者会見する。

おかしなことだと思います。マスコミはどちらを支持しているのか分かりにくい。

マスコミはこんなとき必ず、中立で事実のみ報道すると権利を主張する。

今度の宮崎死刑執行とアキバ事件が無関係であるとは思えない。
普通の神経ではまったく理解できない殺人の多発を防ぐには、厳罰を(死刑)はっきりさせることで、多発を防ごうとの意図はあると確信できる。

それは一定の理解が出来る。

「お前 そんなことしたら死刑やで」

その効果が期待できることを本当は期待したい。

でも死刑になりたいから、無差別殺人を企画すると犯人は言っています。

この犯人に法務大臣は論理的矛盾を感じないのでしょうか。

「飢え」がすべての原点にあると私は思います。

私の少年時代は「飢え」は文字通り食べられない「飢え」でした、だから簡単、食べられればよかったのでした。

高度成長・所得倍増はそれを実現しました。

今回の「飢え」は誰も経験したことのない飢え

その対策はまったく考えていなかった。

そんな豊かさが「犯人」だったのです。

私の子供時代エンゲル係数が、豊かさの基準としてよく言われました。

要するに家計支出の中で食べることに占める割合が、50%以上を占めていたのです。

だから少年時代、食べることばかり考えていました。悩みはおなかのすくことでした。

それがエンゲル係数が20%以下になる社会は想定できなくて、それでも人は「飢え」ることを想定していなかった社会が今ある。

それが理解不能の、でもある人たちには常識の殺人事件が多発いたします。

今回の死刑執行がそれを止める力になるか、あえて10%以下の力の有用性は認めます。

なんたって鳩山さんは恵まれた家系の人で、こんな最下層でましてドロップアウトした人を理解できないでしょう。

ここまで追い込まれている社会を政治がどうできるかを本音で解決の方向にするには、力に頼る方法はやはり限界があるでしょう。

自民党でも民主党でも、批判の渦の中から見つけ出してほしいし、期待します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
宮崎勤死刑囚ら3人の死刑を執行
本日、幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑を執行。 鳩山法務大
ブログ名本質



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。